コラム&レポート

チャートから見るアシックスのランニングシューズの選び方やおすすめを紹介!

  • コラム
  • レポート

チャートから見るアシックスのランニングシューズの選び方やおすすめを紹介!

ジョギングを始める方から自分のマラソンの記録を更新したいランナーまでアシックスのランニングシューズの選び方やおすすめのシューズをチャート表から紹介、解説していきます。興味がある方はチェックしてみてください。

マラソンのタイムでSUB~という!

42.195kmフルマラソンの記録で名称が変わります。
・3時間以内のランナーはSUB3
・4時間以内のランナーはSUB4
・5時間以内のランナーをSUB5
それ以外の初心者の方やジョギングを目的とするランナーはビギナーとここでは表します。

ビギナーには軽量=良いシューズは✖?

走るのに軽量なほうが良いシューズだと思う方は多いですが、実は軽量だから良いシューズというのは実は違うんです!軽量なシューズ(SUB3)は最低限の機能でより速く走るというのが目的です。ビギナーの方の足の負担を軽減するサポート機能を軽量にするために、最低限の機能のみになっているモデルが多いです。履いてはいけないというわけではないですが、ここではおすすめしません。

軽量なシューズ(SUB3)=最低限の機能でより速く!

最低限の機能で記録を目指すランナーに向いています。足を守るサポート機能やクッション性を少なくして軽く速く走ることを目的としているモデル!

SORTIEMAGICRP5(ソーティーマジックRP5)

軽量なサブ3ランナー向けシューズ「SORTIEMAGICRP5」重さはなんと片足で約160g。駅伝やロードレースに向いている本格的なレーシングシューズで特徴はランナーの最高スピードを高めてくれる反発性、「地面を噛んで走る」優れたグリップ力。そして足にフィットして横ブレを防ぐタイトな履き心地のナローフィット。

SUB5シューズ(重さ)=サポート機能、クッション性で負担軽減!

完走目的のビギナーやSUB5のランナーに向いています。速く走るのではなく足の負担を軽減できるように足を守る機能が搭載されているモデルです!

GT-2000 8

完走目的のランナーに人気のサブ5向けシューズ「GT-2000 8」重さは片足で約300g。ランニング時にフォームを安定させるサポート機能と足の負担を軽減するクッション性。ランナーを悩ませるひざのトラブル(オーバープロネーションによるひざのケガ予防)を抑制する機能にストレスフリーな3タイプから靴幅を選べるバリエーション。

SUB4シューズ=SUB5モデルより軽量でSUB3モデルよりクッションが多い!

SUB5ランナーが4時間切りを目指すにはシューズもレベルアップ!SUB4モデルはスピードを求める機能とクッション性や安定性など快適さを求める機能を両立させたランニングシューズでエリート(SUB2)、SUB3、陸上部ランナーのトレーニングからSUB4を目的としたモデルです!

GEL-FEATHER GLIDE 5(ゲルフェザー グライド5)

SUB4モデルの「GEL-FEATHER GLIDE 5」重さは片足で約255g。クッション性と反発性に優れたミッドソールで着地から蹴り出しまでをサポート。より安定感のあるフラットソールでいろいろな走法のランナーに対応している。

ビギナー=デザイン性も高い街履きシューズ

ジョギングに使えるクッション性、機能性があり、街履きのスニーカーにも劣らないデザイン性。

360度全方位のGELテクノロジーにより、蹴り始めから蹴り出しまでGELのクッション性が感じられる「GEL-QUANTUM 360」。クッション性、FLUIDFITの搭載で走行中のブレを低減、走行効率を高められていて、安定した長距離走行も対応。街履きのスニーカーとしても使える一足。

まとめ

アシックスのランニングシューズをチャート表から特徴とおすすめを紹介してきました!チャートから自分の目的にあうシューズを実際に店頭で履いて選んでみて下さいね。

記事をシェアしよう