コラム&レポート

はじめてのFUNJOG!何を着て行く?~ランニング未経験・ビギナー編~

  • HOW TO

はじめてのFUNJOG!何を着て行く?~ランニング未経験・ビギナー編~

FUNJOGって何を着ていけばいい?!気になるFUNJOG参加時の服装についてご紹介します。

FUNJOGの基本的なもちものは、写真を撮る為のスマートフォンかカメラ、水分補給の為の飲み物等です。服装に関して規定はないので、動きやすいお洋服であれば何でもOK!特別な装備は必要ないですが、走りやすいシューズがあると良いでしょう。ランニングを普段から楽しまれている方はいつも通りの服装で大丈夫です。

…と言われても普段からランニングをしている方以外は、具体的に何を着たらいいかわかならないといった方もいるのではないでしょうか。そこで今回はランニング未経験、そしてFUNJOGがはじめての方向けに、そろえやすくFUNJOGの時以外でも普段着として着回しできるようなウェアやグッズを中心にご紹介いたします!

  • ①ウェア
  • ②靴
  • ③バッグ
  • ④まとめ

①ウェア Tシャツ・フーディ&ストレッチ素材のパンツ

トップスは夏だったらTシャツ、少し肌寒かったら上にパーカーを羽織る…等ラフな格好であれば基本的に何でも大丈夫です。(真冬はもう少し着込む場合もあります)とはいえ普段のファッションのテイストによってはスポーツができそうな服を一切持ってない…なんて方も多いのではないでしょうか。

いきなりランニング用ウェアを購入しても今後着るかどうかわからないし…という方はまずは普段も着やすいようなTシャツやフーディをそろえてみてはいかがでしょうか。

Tシャツも例えばランニング用だけじゃなく、ヨガウェア等のブランドであれば吸水速乾等の機能はそのままに、デザインがおしゃれなものもあるのでおすすめです。

ボトムスはストレッチ素材のパンツであれば大丈夫です。過去のFUNJOGご参加の方で、普段ランを全くしないという方は、スウェット素材のパンツや、ストレッチ素材のスキニーパンツの方が多い印象です。

ショートパンツやランニングタイツはあこがれるけど、まだちょっと勇気が出ないという方は、ベーシックな色のロングパンツや超ストレッチ素材のデニム風のイージーパンツだとチャレンジやすいかもしれません。

要は固い素材や伸びない素材のパンツでなければ何でもよいのです…!

オーバーサイズのTシャツやフーディに細身のパンツ等であれば気軽に揃えられますし、普段のファッションとも合わせやすいアイテムが多いのでおすすめです。

②靴 履きなれた運動靴

一口に運動靴と言ってもキャンバススニーカー、ローテクスニーカーはファッションアイテム的要素が強く、ある程度の時間履いていると足が痛くなる可能性があるのでおすすめできません。

できればランニング用のシューズがあればベストです。

いやいや、ランニングシューズなんて持ってないよ…という方でも大丈夫。FUNJOGでは無料で当日話題のランニングシューズの試し履き&貸し出しを行っていますので、それを利用してもOK!

オーバーサイズのTシャツやフーディに細身のパンツ等であれば気軽に揃えられますし、普段のファッションとも合わせやすいアイテムが多くコーディネートしやすいのでおすすめです。

③バッグ ウエストポーチ・サコッシュ

意外と忘れがちなこのアイテム。水分補給用のドリンクや、スマホ、タオル、そして食べ歩きに必要なお金等…荷物を持って走るのは大変だから全部ポケットに…はもちろん入りません。かといって大きなリュックや手持ちのカバンをもって走るのも難しいですよね。

ランニング用のポーチやリュックはコンパクトで体にフィットしてとても便利なアイテムですが、ランナーではない方がいきなり買うのもハードルが高い…(今後使うかどうかわからないし…)

そんな方にはウエストポーチやサコッシュがおすすめです。ちょうどいいサイズで、両手が空いて利便性が高く、タウンユースはもちろん、FUNJOGのようなちょっとしたアクティブシーンにも対応できます。スポットをまわりつつ、食べ歩き等をしてゆるく楽しみたいという方ならランニング専用のポーチじゃなくてもこれで十分です。

さらにウエストポーチやサコッシュはここ数年で人気なアウトドアブランドやアパレルブランドがおしゃれなアイテムを続々発売し、ファッションアイテムとしても定番になりました。定番のナイロン素材だけじゃなく、PVC素材のポーチもありコーディネートのアクセントになってかわいいですね。

④まとめ

①ウェア

→Tシャツ、パーカーでOK,ボトムスはストレッチ素材のものを。

②靴

→できればランニングシューズ。なければ当日のランニングシューズの試し履き・レンタルを利用しましょう。(無料)

③バッグ

→ウエストポーチやサコッシュが便利でおしゃれ!

その他、夏であれば帽子、UVカットのウェア、冷感インナーもありますが、これはもう少し気温が高くなったらご紹介します。特別な専用ウェアやグッズがなくても参加できるのがFUNJOGです。ぜひお気に入りのコーディネートで参加してみてくださいね!

記事をシェアしよう