ロゲイニング in SHIBUYA

インスタ映えロゲイニング
イベントレポート

インスタ映えロゲイニングイベントレポート インスタ映えロゲイニングイベントレポート

ROGAINING SHIBUYA

動画

“ROGAINING”コンセプトムービー

動画

ROGAINING in SHIBUYAレポートムービー

地図を片手に、
歩いて走ってスマホでパシャリ!
街を再発見できる
新感覚アクティビティ

街を再発見できる新感覚アクティビティ

10月20日(土)、渋谷でロゲイニングイベントが行われました。今秋オープンしたばかりの渋谷公園通り沿いの『スーパースポーツゼビオ渋谷店』をスタート・ゴールとしたこのイベントに、約70名が参加。今回のテーマは「インスタ映えロゲイニング」。地図を片手に、インスタ映えするオシャレで華やかな場所を目指して歩いて、走って、撮影します。流行の発信地を舞台に、さわやかな秋の1日を楽しみました。

初ロゲイニングにドキドキ!
アディダスモデルたちからもエールが

ロゲイニングとは、地図を読み取り、決められたチェックポイントをクリアしていくスポーツアクティビティです。参加者は、自分たちでルートを考え、作戦を立てながらチェックポイントを回ります。今回はチェックポイントを通過した証明として写真を撮り、制限時間3時間以内にゴールするのがルール。公共交通機関を利用しての移動はNGです。
今回の舞台は、渋谷、原宿、表参道、恵比寿、代官山など、オシャレで流行の発信地としても知られるエリア。テーマは「インスタ映えロゲイニング」。外観がオシャレな飲食店や商業施設、パッと目を引く鮮やかな壁画アートなど、インスタ映えする29のチェックポイントを巡ります。
参加者は受付後、撮影用のオブジェやバナーが設置されているエリアに集合。MCからロゲイニングのルール説明の後、ゲストのアディダスモデルたちの挨拶があり、スタート前イベントを盛り上げていました。

スタート前のプチセレモニー。初めてロゲイニングに参加する方も多かったので、イベントのルール説明に真剣な表情で耳を傾けていました

スタート前のプチセレモニー。初めてロゲイニングに参加する方も多かったので、イベントのルール説明に真剣な表情で耳を傾けていました

アディダスモデルのみなさん。左から村山和実さん、岩崎志保さん、松本有加さん、三井麻央さん。「インスタ映えする写真を沢山撮って楽しんで」とエールを送る

アディダスモデルのみなさん。左から村山和実さん、岩崎志保さん、松本有加さん、三井麻央さん。「インスタ映えする写真を沢山撮って楽しんで」とエールを送る

いよいよスタート!
地図を片手に作戦開始!

イベント当日は天気もよく、絶好の街歩き日和。地図を片手に、どこのチェックポイントを回るかを決めたら、いざスタート。「谷」という地名の通り、渋谷近辺は坂が多いエリア。日頃の運動不足を解消したい人にもピッタリのイベントでした。

地図を見ながら、どのルートを巡るかの作戦会議。近いチェックポイントから回るか、遠くの高得点ポイントから回るか、のんびり歩いて回るかは、自分たち次第

地図を見ながら、どのルートを巡るかの作戦会議。近いチェックポイントから回るか、遠くの高得点ポイントから回るか、のんびり歩いて回るかは、自分たち次第

普段はよく歩く通りであっても、地図を片手に小走りしながら巡るとまた違った感覚が。他の参加者と街中であう瞬間も楽しい。地図や手首の青いラバーバンドが目印

普段はよく歩く通りであっても、地図を片手に小走りしながら巡るとまた違った感覚が。他の参加者と街中であう瞬間も楽しい。地図や手首の青いラバーバンドが目印

今回のチェックポイントは、数々の雑誌で取り上げられている話題のスイーツ店や、ドラマの撮影で使われたことでも有名なスポット、また、奇抜なアートワークが目を引く驚きのスポットまでバリエーション豊かな構成。特に、渋谷や原宿界隈は、一歩路地に入るとグラフィティと呼ばれる壁に描かれたアート作品を数多く目にすることができ、イベント参加者だけでなく、カメラを向ける人が後を絶ちません。

撮影はロゲイニングアプリ「FUN RUNNET」を使用。アプリで撮影した写真が自動で主催者に送られるので、チェックポイントの集結はスムーズ

撮影はロゲイニングアプリ「FUN RUNNET」を使用。アプリで撮影した写真が自動で主催者に送られるので、チェックポイントの集結はスムーズ

チェックポイントはもちろん、それ以外でも思わず自撮りしたくなっちゃう場所が多いのがこの界隈の特徴。可愛いピンクのボードを前に、最高の笑顔でパチリ

チェックポイントはもちろん、それ以外でも思わず自撮りしたくなっちゃう場所が多いのがこの界隈の特徴。可愛いピンクのボードを前に、最高の笑顔でパチリ

街を明るく綺麗にしてくれるグラフィティが特に多い裏原宿エリア。アートの脇を走る姿はまるで雑誌の1ページのよう。インスタ映えを意識し構図を考えるのも楽しい

街を明るく綺麗にしてくれるグラフィティが特に多い裏原宿エリア。アートの脇を走る姿はまるで雑誌の1ページのよう。インスタ映えを意識し構図を考えるのも楽しい

チェックポイントには飲食店もあり。もちろんそこで買ったフードを食べてもOK。イベント途中に飲食しながら参加できるのも、ロゲイニングというアクティビティの魅力

チェックポイントには飲食店もあり。もちろんそこで買ったフードを食べてもOK。イベント途中に飲食しながら参加できるのも、ロゲイニングというアクティビティの魅力

獲得したポイント数によって、
抽選回数が決まる

制限時間内に戻って来たら、フィニッシュの証明として時刻を撮影して終了です。ゴール地点ではアディダスモデルの皆さんがお出迎え。ご褒美として、ハチ公などをあしらった特別デザインのパッケージのドリンクが配られました。参加者の表情はみな、今まで知らなかった渋谷の魅力を再発見した喜びに溢れていたのが印象的でした。

フィニッシュエリアではアディダスモデルの方々がコカコーラを手に参加者をお出迎え。渋谷のシンボルをあしらった柄のボトルを手に、自然と笑顔がこぼれる

フィニッシュエリアではアディダスモデルの方々がコカコーラを手に参加者をお出迎え。渋谷のシンボルをあしらった柄のボトルを手に、自然と笑顔がこぼれる

フィニッシュ時計の前での撮影は無事イベントを終了させたことの証。制限時間の3時間ギリギリまでチェックポイントを巡ってロゲイニングを満喫した彼女たちも笑顔

フィニッシュ時計の前での撮影は無事イベントを終了させたことの証。制限時間の3時間ギリギリまでチェックポイントを巡ってロゲイニングを満喫した彼女たちも笑顔

フィニッシュ後は、抽選会が行なわれました。合計得点に応じて、抽選会参加回数が決定。ツイッター、インスタグラム、フェイスブックなどのSNSにアップすることでも、抽選回数が増えるという仕組みです。多くの参加者が複数回抽選に参加。豪華賞品をゲットしていました。

イベントのロゴの入ったオブジェを前に、一緒に街を回った仲間同士で記念撮影。もちろん、この写真もインスタグラムに投稿してOK!

イベントのロゴの入ったオブジェを前に、一緒に街を回った仲間同士で記念撮影。もちろん、この写真もインスタグラムに投稿してOK!

今回のインスタ映えロゲイニングは、マラソン大会のようにスピードを競うイベントではないので、運動経験のない人や子どもでも気軽に楽しめます。地図を片手に、街全体を遊びのフィールドにして、仲間と一緒に楽しむロゲイニング。誰もが新鮮に楽しめるスポーツアクティビティとして、これからますます注目されていきそうです。

参加者インタビュー

ロゲイニングは3回目ですが、今回は賞品が豪華でびっくり。11歳の娘も裏原宿の街並みを楽しんでいました。チェックポイントで出会ったアディダスのモデルのお姉さんと写真を撮れたのも、いい思い出です<女性>

ロゲイニングだったら普段走らない人でも参加できますね<男性> 人ごみを心配していたのですが、思ったより快適に移動することができました。代々木公園の高架下に素敵なアートがあるなんて知らなかったです!<女性>

学生時代の友達同士で参加。ランニングは得意なのですが、地図を読むのが苦手なので彼が頼りになりました(笑)。そして、みごと2人で商品券3つゲットしました!<女性>

母がロゲイニングをやっていたのでずっと興味があって参加しました。中目黒・代官山エリア中心を10カ所回りましたが、普段あまり通ることのない道が多く新鮮でした。今度、この地図を頼りに原宿方面へ行ってみたいですね<左・女性>

普段からスポーツは幅広くやっていますが、街中でやるロゲイニングは新鮮でした。こんなに渋谷を歩き回ったのは初めてかもしれません。次は渋谷以外のエリアでも参加してみたいと思います<右・男性>